> > デンカ、xEV向け「機能性セラミックス材料」事業を強化  窒化珪素増産へ

デンカ、xEV向け「機能性セラミックス材料」事業を強化  窒化珪素増産へ

(出所:デンカ)

デンカ(東京都中央区)は11月5日、xEV(電動車)向け放熱材料の事業強化の一環として、福岡県の大牟田工場で製造する窒化珪素の能力を、現行比から約3割増強し、機能性セラミックス事業を強化すると発表した。稼働時期は2022年度下期を予定している。

窒化珪素とは熱的・機械的特性に優れた代表的なエンジニアリングセラミックの一つ。同社は生産能力、市場シェア共にトップクラスに位置する。xEVの普及に伴い、放熱材料市場が伸長するとともに、車載部品の高性能化により、高熱伝導性や高信頼性等の要求水準が高まっている。同社の窒化珪素は、高熱伝導性をはじめ高強度、耐摩耗性、高信頼性等の特長から、車載駆動用インバーター向け放熱基板や風力発電向けベアリングボール、半導体製造装置など構造材用途において高い評価を得ているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.