> > 日本触媒など、使用済紙おむつ「高吸水性樹脂」の新リサイクル技術を開発

日本触媒など、使用済紙おむつ「高吸水性樹脂」の新リサイクル技術を開発

使用済紙おむつからの再資源化(出所:日本触媒)

日本触媒(大阪府大阪市)とリブドゥコーポレーション(同)、トータルケア・システム(福岡県福岡市)の3社は11月5日、使用済紙おむつ中の高吸水性樹脂(SAP)に関する新規リサイクル技術を開発したと発表した。この技術は、世界で流通している様々なSAPに適用できるという。

これまで使用済紙おむつのリサイクル工程では、尿を吸収して大きく膨らんだSAPは紙パルプの回収率を低下させたり、あるいはSAPを回収しても性能低下が大きく再利用が難しい、という課題があった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 83 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.