> > JFEエンジ、ベトナムの水ビジネスに本格参入 現地企業と業務提携

JFEエンジ、ベトナムの水ビジネスに本格参入 現地企業と業務提携

2018年にベトナム国ハノイ市から受注した同市最大規模のエンサ下水処理場(出所:JFEエンジニアリング)

JFEエンジニアリング(東京都千代田区)は11月6日、BIWASE(ビワセ社/ベトナム国ビンズオン省)と業務提携基本合意書を締結し、ビワセ社の増資を引き受け、株式の3.87%を取得したと発表した。これにより、ベトナムの水ビジネスへ本格参入する。

ビワセ社は、ベトナム最大の商業都市ホーチミン市に隣接するビンズオン省を拠点として、8か所の浄水場(造水量合計:396,500m3/日、ベトナム5位)や廃棄物処分場(処理能力3,000トン/日)を保有・運営する水供給・環境事業会社だ。公設下水処理場の運転・保守(O&M)も行っている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.