> > 真庭市・68MWの太陽光発電計画に環境大臣意見 ゴルフ場跡地に設置

真庭市・68MWの太陽光発電計画に環境大臣意見 ゴルフ場跡地に設置

画像はイメージです

環境省は11月6日、合同会社NRE-46インベストメント(東京都港区)が、岡山県真庭市において、計画する最大出力68,640kWの「(仮称)真庭太陽光発電事業」の計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

同事業は、現在、ゴルフ場として利用されている土地を中心に事業を予定しており、事業実施想定区域面積は約230ha。太陽電池発電設備と取付道路等の附帯設備の設置は、ゴルフ場内のエリアを前提としつつ、ゴルフ場以外の山林エリアにおける設置についても検討することが予定されている。また、事業実施想定区域の周辺には、複数の住居が存在するほか、事業の実施に当たっては、切土・盛土を含む土地造成や樹木の伐採が想定される。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.