> > 双日・花王など、川崎市と「廃プラ循環システム」構築・低炭素化へ調査

双日・花王など、川崎市と「廃プラ循環システム」構築・低炭素化へ調査

クリックで拡大します
事業の概要と各社の役割(出所:双日)

双日(東京都千代田区)は11月5日、双日プラネット(東京都千代田区)の支援にもと、エム・エム・プラスチック(千葉県富津市)、花王(東京都中央区)らとともに、神奈川県川崎市と、コスト採算性のある廃プラスチックのリサイクルシステム構築、システム運用による低炭素化の効果について、実証に取り組むと発表した。

川崎市が環境省の「令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)」における「サーキュラーエコノミー都市実現に向けた低炭素型マテリアルリサイクルモデル構築調査事業」の実施団体に採択されたことを受け、同市と調査に関わる委託契約を締結して実施するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.