> > 経団連が新成長戦略 50年排出ゼロへ、技術革新・競争力ある再エネ支援を

経団連が新成長戦略 50年排出ゼロへ、技術革新・競争力ある再エネ支援を

クリックで拡大します
2030年の未来像(出所:経団連)

経団連は11月9日、「サステイナブルな資本主義」の確立を基本コンセプトに据えた新成長戦略を発表した。「2050年カーボンニュートラル」を目指すべき社会の姿として設定し、グリーン成長の実現に向けて政府・経済界を中心にとるべきアクションとして、脱炭素社会を目指したイノベーションの加速、屋根置き太陽光発電や洋上風力発電等の競争力ある再エネへの支援重点化などを掲げた。

同戦略では、グリーン成長の実現に向けて政府、経済界などがとるべきアクションとして、以下の5つを提言した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.