> > 太陽光発電のO&M効率化へ3年で500人育成 ドローン検査研修所を開設

太陽光発電のO&M効率化へ3年で500人育成 ドローン検査研修所を開設

エナジー・ソリューションズ(東京都千代田区)は11月11日、「ドローンアイ研修センター」を千葉県千葉市若葉区大草町に開設した。太陽光発電所に設置されているソーラーモジュール全数の赤外線検査をドローンで行う「ドローンアイ」検査の実技研修場所として活用するとともに、ドローンスクールと連携することで、3年間で500名の人材育成をめざす。

同研修センターは、ドローンで太陽光モジュール赤外線検査を実施する上で必要なノウハウを習得するために、実際の太陽光発電所を使用して実習を行うことを目的に開設された。土地面積は2,155平方メートル、設置された設備のモジュール出力は268kW、モジュール枚数は880枚、パワーコンディショナー出力は250kW。連系日は9月1日。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.