豊田通商、小型燃料電池大手・独SFC社と日本独占販売契約を締結

  • 印刷
  • 共有
SFC社製 直接メタノール燃料電池「EFOY2400 PRO DUO」(出所:豊田通商)
SFC社製 直接メタノール燃料電池「EFOY2400 PRO DUO」(出所:豊田通商)

豊田通商(豊田通商)は11月12日、SFC Energy(SFC社/ドイツ・ミュンヘン市)と、小型燃料電池(出力容量500W以下)の日本における独占販売契約を、9月に締結したと発表した。今後、SFC社製小型燃料電池の販売先の多角化と、アジアでの販売拡大を視野に入れた協業強化を図る。

同社は、2015年からSFC社の燃料電池を取り扱い、これまでに400台以上を販売している。長期間、安定した電力を供給できる特長から、陸上および洋上風力発電所を建設する前に行われる風況調査に使用する風況観測装置(ドップラーライダー)の電源に多く利用されている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報