> > ヤマトHD 走行中のCO₂排出ゼロ、次世代集配モビリティの実証実験を開始

ヤマトHD 走行中のCO₂排出ゼロ、次世代集配モビリティの実証実験を開始

独RYTLE社が開発した3輪の電動自転車を導入(出所:ヤマトHD)

ヤマトホールディングス(ヤマトHD/東京都中央区)は11月19日から、千葉県市川市の一部エリアで、ドイツのスタートアップRYTLE社が開発した「運転免許不要」「走行中のCO2排出ゼロ」「荷物格納BOX着脱可能」という特徴を持つ、次世代集配モビリティの集配実証実験を開始する。

今後、この実証実験をもとに関係者と連携し、各種規制に適合した改良を行い、本格稼働を目指す。また、着脱可能な荷物格納BOXを活用した、配達エリア単位での事前仕分けによる輸送工程の大幅な短縮や、遊休スペースを利用した新たな集配オペレーションの検討などを行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 54 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.