> > 九電・西鉄など、福岡市青果市場跡地で商業施設開発 防災・環境対応は?

九電・西鉄など、福岡市青果市場跡地で商業施設開発 防災・環境対応は?

建物全体イメージ(出所:九州電力)

三井不動産(東京都中央区)、九州電力(福岡県福岡市)、西日本鉄道(福岡県福岡市)の3社は11月12日、福岡市博多区青果市場跡地の商業施設開発について、起工式を行った。開業は2022年春を予定。同施設では環境負荷低減を図るとともに、災害に強いエネルギーシステムを計画しているという。

福岡市が実施した「青果市場跡地活用事業」の公募を経て、3社共同で設立した特別目的会社「博多那珂6開発特定目的会社」が同跡地を取得、事業を推進している。延べ床面積約206,400m2の5階建てで、駐車場台数は約3,050台を予定。広場空間や商業機能を中核に、福岡・九州の魅力発信、周辺地域の生活の質の向上、開かれた場づくり等、都市機能の充実に寄与するものだとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 41 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.