> > 東洋インキ、エタノール消毒液でも落ちにくい「バイオマスインキ」を開発

東洋インキ、エタノール消毒液でも落ちにくい「バイオマスインキ」を開発

(左)開発品 レアル® NEX BOS3シリーズ、(右)一般的な表刷りインキ

東洋インキ(東京都中央区)は11月17日、エタノール消毒液耐性が高い表刷り用グラビアインキ「レアル(R) NEX BO S3シリーズ」を開発し、販売を開始した。バイオマス原料を10%以上配合した環境配慮型製品で、日本有機資源協会が認定するバイオマスマークを取得している。

同製品は、従来よりも大幅にエタノール消毒液耐性を向上させたノントルエン・ノンMEKのフィルム用表刷りインキ。用途は、パン包装をはじめ各種食品・生活用品の包装への印刷。

消毒した手で触ってもインキが落ちるリスクを著しく低減

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.