> > 大阪・関西万博で「水素燃料電池船」を商用運用へ 関西電力と岩谷産業が検討

大阪・関西万博で「水素燃料電池船」を商用運用へ 関西電力と岩谷産業が検討

水素燃料電池船の完成イメージ(出所:岩谷産業)

関西電力(大阪府大阪市)と岩谷産業(大阪本社・大阪府大阪市)は11月25日、水素燃料電池の利活用拡大と大阪・関西万博の一層の盛り上げを目的に、水素燃料電池を搭載した船舶の商用化運用に向けた実現可能性調査(フィージビリティスタディ)を開始すると発表した。大阪・関西万博の開催中、万博会場である夢洲と大阪市内の観光地を結ぶ旅客船としての商用運航を目指す。

水素燃料電池船の完成イメージは、全長約30m程度、総トン数は約60t、速さは約9ノット(およそ時速20km)、定員100名程度。また、この水素燃料電池船への燃料を供給するための設備「船舶用ステーション」を設置する予定だ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.