産総研と東ソー、CO2とケイ素化合物から有用化学品を合成

  • 印刷
  • 共有
(出所:産総研)
(出所:産総研)

産業技術総合研究所(産総研)の触媒化学融合研究センターおよび触媒固定化設計チームと東ソー(東京都港区)は、共同で「ジエチルカーボネート」を効率的に合成する触媒技術の開発を発表した。本研究成果は、11月24日、「Chemistry Europe」が発行する「ChemSusChem誌」のオンライン速報版で公開された。

両者は今後、より低コストで省エネルギーな製造方法の確立を目指し、反応条件や触媒の改良を行うとともに、実用化に向けて必要な技術課題の解決に共同で取り組み、2030年頃までの実用化を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報