> > ジャパンSDGsアワード、みんな電力が総理大臣賞を受賞

ジャパンSDGsアワード、みんな電力が総理大臣賞を受賞

(写真左から)加藤官房長官、みんな電力 代表取締役 大石、菅内閣総理大臣、茂木外務大臣。21日に開催された表彰式のようす(出所:みんな電力)

外務省は12月21日、第4回「ジャパンSDGsアワード」の結果を発表した。極めて顕著な功績があったと認められる企業・団体等に送られるSDGs推進本部長(内閣総理大臣)には、みんな電力(東京都世田谷区)を選定した。

ジャパンSDGsアワードは、2030年までに持続可能な世界を目指す国際目標「SDGs」達成に向け、オールジャパンで取り組みを推進するために創設された表彰制度。SDGs達成に資する取り組みを行っている、日本に拠点のある企業・団体が対象となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 70 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.