> > 伊藤忠など、ロシアからアンモニアを輸入するバリューチェーン構築へ

伊藤忠など、ロシアからアンモニアを輸入するバリューチェーン構築へ

東シベリア-日本間のアンモニアバリューチェーンフロー図(概念図)

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と伊藤忠商事(東京都港区)、東洋エンジニアリング(TOYO/千葉県習志野市)、ロシアの石油会社のイルクーツク石油(IOC)は12月24日、ロシア・東シベリアで生産したアンモニアを日本に輸送して燃料として活用するバリューチェーンの構築に向けた共同事業化調査を実施すると発表した。

このプロジェクトは脱炭素化社会実現の一助となる、商業ベースのブルーアンモニアバリューチェーンの確立を目指すもの。ブルーアンモニアは、従来の天然ガスとCO2回収技術を組み合わせて製造される低炭素アンモニアをいう。化石燃料由来のアンモニア製造プロセスで発生するCO2を、地下に隔離するCCS(二酸化炭素回収・貯留)や、油田に圧入するCO2-EOR(CO2圧入による原油増進回収法)の工程に加えることで製造される。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.