> > 地熱発電の資源量調査事業、大林組や九州電力らが新規採択 2020年度

地熱発電の資源量調査事業、大林組や九州電力らが新規採択 2020年度

クリックで拡大します
採択結果。各案件の数字は採択順を示す。事業実施者が複数ある場合は、一番前が代表者(出所:経産省)

経産省は12月28日、2020年度「地熱発電の資源量調査事業」で、新規4件、継続18件、合計22件の事業を採択したと発表した。新規案件では、新潟県妙高市(妙高山東麓地域)で大林組らが実施する事業のほか、九州電力による福島県河沼郡柳津町(猿倉嶽地域)での事業などが採択された。

同事業は、地熱発電の導入拡大を図ることを目的に、地熱発電事業の実施可能性を検討するために行う地表調査、掘削調査等の事業に対して、補助金を交付するもの。2020年2月17日~11月25日にかけて募集を実施した。執行団体は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 77 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.