> > さいたま市、企業の再エネ導入を後押し 「エネオク」活用し調達コスト低減へ

さいたま市、企業の再エネ導入を後押し 「エネオク」活用し調達コスト低減へ

(出所:エナーバンク)

電力リバースオークションサービス「エネオク」を運営するエナーバンク(東京都中央区)は、2020年12月23日、さいたま市と再生可能エネルギーの利活用に関する協定を締結し、市内事業者向けに低炭素電力への切り替えを推進するプロジェクトを開始した。

さいたま市は「2050年までの二酸化炭素排出実質ゼロ」の実現に向けて、再生可能エネルギーの利用拡大を目指し、様々な取り組みを推進している。同社は再エネを選択できる機会の創出、調達コストの低廉化や新しい生活様式を踏まえた電力切り替え手続きのシステム化・簡素化の支援するため、(1)再生可能エネルギーを始めとする低炭素電力調達の推進、(2)電力調達価格の抑制に向けた共同調達等の検討、(3)その他再生可能エネルギーの利活用を通じた経済・社会との統合的取組の推進-を連携事項とする協定を同市と締結した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.