> > 日本財団、「瀬戸内オーシャンズX」を始動 海洋ごみ対策の広域モデル構築へ

日本財団、「瀬戸内オーシャンズX」を始動 海洋ごみ対策の広域モデル構築へ

瀬戸内オーシャンズが目指すもの(出所:日本財団)

日本財団(東京都港区)は2020年12月25日、岡山県、広島県、香川県、愛媛県と連携協定を締結し、海洋ごみ対策における広域でのモデル構築を目指した共同事業「瀬戸内オーシャンズ X」を開始した。

外界からの海洋ごみ流入が少ない海域(閉鎖性海域)である瀬戸内海をフィールドに、県や市町村と連携。(1)調査研究、(2)企業・地域連携、(3)啓発・教育・行動、(4)政策形成―の4つを柱に事業を展開する。計5カ年の実施予定で、予算規模の想定は約15億円。ごみの流入量70%減、回収量10%以上の増加の達成を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.