> > 豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW

豊田通商、初の海外水力発電に出資参画 ベトナム・84MW

ノイファット水力発電所外観(出所:豊田通商)

豊田通商(愛知県名古屋市)は1月8日、ベトナムの大手建設不動産企業VINACONEX社(ビナコネックス社)から、同社が保有するノイファット水力発電所(発電容量84MW)の事業会社であるNEDI2社への経営参画のため、NEDI2の株式を35%取得したと発表した。同社として初めての海外水力発電事業への出資参画となる。

ベトナムは豊富な水力資源を有し、同国の電力需要の約4割を水力発電でまかなっているという。今回出資参画したNEDI2は、ベトナム国営電力公社と25年間の売電契約のもと操業を続けている。同社が参画することで、日本の水力発電技術やノウハウを活用し、オペレーションの改善および発電コストの低減に取り組む。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.