かんぽ生命、脱炭素化への「移行」を支援する債権に約225億円投資

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

かんぽ生命保険(東京都千代田区)は1月13日、欧州復興開発銀行(EBRD)がグリーン低炭素経済への移行をサポートするために発行する豪ドル建て「グリーン・トランジション・ボンド」(2.8億豪ドル/約225億円)への投資を実施したと発表した。

この債券は、EBRD(格付Moody’s:Aaa/S&P:AAA)が日本の投資家向けに私募で発行する初のグリーン・トランジション・ボンド。かんぽ生命は、その発行額の全額を購入した。同社はこの債券について「脱炭素社会への移行を推進する中で極めて重要な役割を果たす」との考えを示した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報