> > 経産省、卸電力市場価格の高騰に対応 インバランス上限を200円/kWhに

経産省、卸電力市場価格の高騰に対応 インバランス上限を200円/kWhに

経済産業省は1月15日、足下の卸電力市場価格の高騰を踏まえ、小売電気事業者等が負担するインバランス料金等単価の上限を200円/kWhとする措置を1月17日の電力供給分より適用すると発表した。特別措置の適用対象期間は6月30日まで。これにより新電力を支援する。

発電事業者や小売事業者が策定した発電・需要計画と実際の発電・需要実績との差分(インバランス)については、一般送配電事業者が調整力電源を用いて調整する一方、調整に要する費用については、卸電力取引所における市場価格をベースとしたインバランス料金を通じて回収している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.