産総研、低温で二酸化炭素からメタノールを合成できる触媒を開発

  • 印刷
  • 共有
複核イリジウム触媒による二酸化炭素と水素からのメタノール合成(出所:産総研)
複核イリジウム触媒による二酸化炭素と水素からのメタノール合成(出所:産総研)

産業技術総合研究所(産総研)ゼロエミッション国際共同研究センター(東京都江東区)は1月14日、低温低圧で二酸化炭素の水素化によるメタノールの合成を可能とする触媒を開発したと発表した。

今回の成果は、二酸化炭素からのメタノール合成を低温・低圧化するための触媒開発の基盤的な知見を提供したもの。同研究所によれば、今後カーボンリサイクルにおけるメタノール製造の高効率な触媒開発への貢献が期待されるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報