> > ファミマ、包装技術で総菜の消費期限を3日延長 関東・関西でも発売へ

ファミマ、包装技術で総菜の消費期限を3日延長 関東・関西でも発売へ

対象商品のひとつ「1/3日分の野菜が摂れる 豚バラのぽん酢だれ」(出所:ファミリーマート)

ファミリーマート(東京都港区)は1月19日、特殊な包装技術(ガス置換包装)を採用し、消費期限を3日延長させた大容量の惣菜の展開を、関東地域の店舗に拡大したことを発表した。1月26日には関西地域へも拡大し、関東、北陸、東海、関西地域のファミリーマート約11,600店で展開する。

食品ロス削減に向け、2020年10月から東海地域の一部店舗で展開していたもの。大容量タイプの惣菜において、容器内の空気を惣菜に適したガスに置き換え密封することで、従来より消費期限の3日延長を実現した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 69 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.