> > 「1000年に一度以下」の異常高温、「15年に一度以下」まで増加 国環研

「1000年に一度以下」の異常高温、「15年に一度以下」まで増加 国環研

観測された8月の海面水温の水平構造および北西太平洋の海面水温の長期変化(出所:国立環境研究所)

国立環境研究所地球環境研究センター(茨城県つくば市)は1月14日、観測データと最新の気候モデル実験出力を活用して2020年8月に生じた日本南方沖の観測史上最高海面水温の発生要因を分析した結果を公表した。過去の人間活動に伴う温室効果ガスの増加などにより、異常高温の発生頻度が1000年に一度以下から約15年に一度まですでに増加していることが明らかになったとしている。

またその異常高温状態は、21世紀半ばまでに8月の新たな平年状態(2年に一度以上発生する)となる可能性が高いとして「今後さらに顕在化する人為的気候変動への緩和・適応策の速やかな実施が求められる」と報告した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 73 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.