花王が廃プラ由来のアスファルト改質剤を開発 ウエルシアで初採用

  • 印刷
  • 共有
「ニュートラック 5000」が初採用されたウエルシア藤沢用田店の駐車場(出所:花王)
「ニュートラック 5000」が初採用されたウエルシア藤沢用田店の駐車場(出所:花王)

花王(東京都中央区)は1月21日、ウエルシア薬局(東京都千代田区)の運営する店舗駐車場に、花王が開発した廃プラスチックをリサイクルした高耐久アスファルト改質剤「ニュートラック 5000」が採用されたと発表した。

アスファルト改質剤は、アスファルトに混合することで舗装の耐久性を高める製品。「ニュートラック 5000」は、廃棄されるPET素材(廃PET)を活用しながら、1%配合することでアスファルト舗装の耐久性を約5倍向上させ、さらに、配合したアスファルト舗装からのマイクロプラスチックの発生を抑えることが、走行試験で確認されているという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報