> > 食品ロス削減へ、「採れたて度」で値段が変わる仕組み ネットスーパーで実験

食品ロス削減へ、「採れたて度」で値段が変わる仕組み ネットスーパーで実験

画像はイメージです

日本総合研究所(東京都品川区)など5社は1月20日、ネットスーパーと消費者の家庭において、電子タグ(RFID)やセンシングデバイスなどのIoTを活用して、生鮮食品の「鮮度の可視化」と「個別追跡管理」を行い、食品ロス削減への効果を測定する実証実験を行うと発表した。鮮度に応じた価格で販売するダイナミックプライシングが消費者にもたらす行動変容による効果なども検証する。

この事業は、経済産業省委託事業「令和2年度流通・物流の効率化・付加価値創出に係る基盤構築事業(IoT技術を活用したスーパーマーケットにおける食品ロス削減事業)」の採択を受けて、1月20日から2月9日まで東京都内で実施するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.