> > 大阪ガス、200MW分の再エネ電力・環境価値調達へ ウエストHDと相対で

大阪ガス、200MW分の再エネ電力・環境価値調達へ ウエストHDと相対で

発電設備の設置イメージ(出所:大阪ガス)

大阪ガス(大阪府大阪市)は1月29日、ウエストホールディングス(東京都新宿区)が2021年度に開発する数千サイトの小規模太陽光発電設備から、20万kW分の再生可能エネルギー電力と環境価値を長期にわたり相対で調達する契約を締結した。同契約に基づき、2021年4月、固定価格買取制度(FIT制度)に頼らない非FIT太陽光電力の取引を開始する。

Daigasグループ(大阪ガスグループ)は1月、2050年のカーボンニュートラル実現に向けた取組みを示した「カーボンニュートラルビジョン」を策定・公表した。この中で、2030年度までに、自社開発や保有に加えて、他社からの調達も含めて、国内外で500万kWの再エネ電源の普及に貢献するとともに、同社の国内電力事業における再エネ比率を50%程度にすることを目指すとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.