> > ANA、大型EV自動運転バスを試験運用 羽田・制限区域で従業員移動に

ANA、大型EV自動運転バスを試験運用 羽田・制限区域で従業員移動に

(出所:ANA)

全日本空輸(ANA/東京都港区)は、2月1日から12日にかけて、羽田空港の制限区域内で、大型電気自動運転バスの試験運用を行う。システムが全ての運転タスクを実施する(システムの介入要求等に対して運転者による適切な対応が必要)「自動運転レベル3」相当のバスを、国内で初めて、実際のオペレーションに従事する従業員の制限区域内における移動手段として運用する。

BOLDLY(東京都千代田区)、先進モビリティ(東京都目黒区)、ビーワイディージャパン(神奈川県横浜市)の協力のもと実施する。試験運用の結果を踏まえて、関係各社との継続的な連携・協力のもと、2021年内に顧客の乗り継ぎの利便性向上を目的とした試験運用の実施、2025年における「自動運転レベル4」相当での無人自動運転(特定条件下における完全自動運転)の実用化を目指す。なお、この電気バスの導入により、航空業界全体の課題であるCO2排出量の削減にも貢献する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.