> > 伊藤忠、大手卸と食品サプライチェーンDX推進 食品ロス・機会ロスを削減

伊藤忠、大手卸と食品サプライチェーンDX推進 食品ロス・機会ロスを削減

クリックで拡大します
人工知能(AI)を活用したメーカー向け自動発注のイメージ(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は2月1日、グループ会社で食品卸大手の日本アクセス(東京都品川区)と連携し、食品サプライチェーンDX(デジタルトランスフォーメーション)を本格的に展開すると発表した。日本アクセスから食品メーカーに対する発注に関し、人工知能(AI)を用いた需要予測と発注最適化のソリューションを導入する。

今回導入する、AIを活用したメーカー向け自動発注モデルは、小売の業務データ(在庫・売上・発注)と卸の業務データ(在庫・入出荷・商品毎の発注ロット)に加え、天候データやカレンダー情報を入力値としてAIの一種である機械学習モデルを構築。 メーカーが要求する発注ロット単位での推奨発注値を算出し、既存の発注システムにデータ転送するもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.