東電RP、北欧で「浮体式洋上風力発電」の実証に参画 テトラ・スパー型検証

  • 印刷
  • 共有
テトラ・スパー型構造(出所:東電RP)
テトラ・スパー型構造(出所:東電RP)

東京電力リニューアブルパワー(東電RP/東京都千代田区)は2月4日、北欧で進められている、テトラ・スパー型浮体式洋上風力発電の実証プロジェクトに参画したと発表した。

テトラ・スパー型は、他の浮体式のコンセプトと比べ、製造、組立、設置工程の簡略化が可能で、浮体式洋上風力の低コストを実現する技術として期待されているという。今回、東電RPは、実証事業に取り組むデンマークのTetraSpar Demonstrator ApS(TSD)に出資した。今後、東京電力グループの一員として培ってきた電気事業のノウハウを提供していく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報