> > 「ゼロカーボンシティ」130市区町村が協議会を発足 政策研究や国へ提言等

「ゼロカーボンシティ」130市区町村が協議会を発足 政策研究や国へ提言等

画像はイメージです

脱炭素社会の実現に向けた政策研究や国に提言を行うことを目的に、2050年二酸化炭素排出実質ゼロを表明している全国の130市区町村(ゼロカーボンシティ)が2月5日、「ゼロカーボン市区町村協議会」(会長:林文子横浜市長)を設立した。

参加する130市区町村の人口は合計約3,261万人(日本の全人口のおよそ2.6割、同日10時現在)。また、横浜市は同日、会長都市として同協議会のとりまとめを行うとともに、同市が出席する「国・地方脱炭素実現会議」などにおいて、ゼロカーボン市区町村の意見を発信していくと発表した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 72 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.