> > 伊藤忠、発電用石炭の鉱山権益売却 新中計で一般炭権益からの完全撤退表明

伊藤忠、発電用石炭の鉱山権益売却 新中計で一般炭権益からの完全撤退表明

画像はイメージです

伊藤忠商事(東京都港区)は2月4日、南米コロンビアに保有する、発電用石炭の鉱山権益を売却すると発表した。

同社は100%子会社のITOCHU Coal Americas(ICA/米国デラウェア州)を通じてコロンビア炭鉱と輸送インフラの操業主体であるDrummond International社の持分を保有している。今回、全持分をDrummond Company社(米国アラバマ州)に売却することを決定した。
これに伴い、ICA社でDrummond International持分の公正価値評価を実施。2020年度第3四半期の単体決算で、特別損失(関係会社等事業損失)として、886億円を計上した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.