> > 第一生命、シェアリングエネルギーにインパクト投資

第一生命、シェアリングエネルギーにインパクト投資

第一生命保険(東京都千代田区)は12月15日、住宅用太陽光発電システムの第三者所有サービスの提供を行う国内ベンチャー企業のシェアリングエネルギー(東京都港区)に対し、ESG投資の一環であるインパクト投資として1億円の投資を実施したと発表した。

この投資を通じて、高い投資収益の獲得を目指すとともに、CO2排出量削減(社会的インパクト)が期待されるシェアリングエネルギーの取組みを資金面からサポートし、その進捗状況を継続的にモニタリングしていく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.