> > 中小型オフィスビルに「カーボンニュートラル」電力を導入 不動産再生事業で

中小型オフィスビルに「カーボンニュートラル」電力を導入 不動産再生事業で

リプランニング物件「PORT ONE SHIMBASHI」(出所:サンフロンティア不動産)

サンフロンティア不動産(東京都千代田区)は2月15日、同社が手掛ける不動産再生事業(リプランニング事業)において、森林由来のJ-クレジットを活用した電力「三保山林の森のでんき」(以下、森のでんき)を「PORT ONE SHIMBASHI(東京都港区)追加導入したと発表した。100%カーボンニュートラル(CO₂排出ゼロ)を実現したビルは計3棟となった。

サンフロンティア不動産は、築年が経過した都心の中小型ビルの再生事業を展開している。同社は2020年12月から、不動産再生物件の新たな付加価値として、日本省電を通じ「森のでんき」の調達を開始。東京都中央区のビル2棟に導入した。神奈川県山北町三保山林の育林、間伐などにより、吸収された環境価値を購入することによって、さらなる森林の保全を支援するものだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 40 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.