> > 北九州市、25年度に市施設を再エネ100%化 第三者所有で蓄電池普及も

北九州市、25年度に市施設を再エネ100%化 第三者所有で蓄電池普及も

「再エネ100%北九州モデル」のステップ1と2(出所:北九州市)

北九州市の北橋 健治市長は2月9日、2025年度までに、市内再エネ発電所の電力を活用し、全公共施設(約2,000カ所)で再エネ由来100%電力の調達を目指すと表明した。実現に向け、再エネ普及のロードマップを示した「再エネ100%北九州モデル」を新たに構築。再エネの普及・拡大にあたっての課題を蓄電池の有効活用により解決する「蓄電システム先進都市」を目指す。

まずは市焼却施設でのごみ発電量(バイオマス発電)に応じ、導入施設を順次拡大する。2021年度は本庁舎、区役所、小中学校など約200施設で再エネ電力への切替えを実施。2022~2023年度に約600施設、2024~2025年度に約1,200施設を追加する計画。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 65 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.