ジャガー・ランドローバー、電動化を中核とする新グローバル戦略を発表

  • 印刷
  • 共有
(出所:ジャガー・ランドローバー)
(出所:ジャガー・ランドローバー)

ジャガー・ランドローバーは、2月17日、新グローバル戦略「Reimagine」を発表した。 同戦略の中核となるのは、ジャガーとランドローバーの両ブランドの電動化。ジャガーを2025年からピュアEV(電気自動車)のラグジュアリー・ブランドとして再生し、ランドローバーは今後5年間で6種類のピュアEVを投入予定。また、2039年までに排出ガス実質ゼロビジネスにするという目標を掲げた。

ランドローバー初となるピュアEVモデルは、2024年に導入する予定。さらに2030年までに両ブランドの全モデルにピュアEVの選択肢を設定し、ジャガーでは100%、ランドローバーでは約60%に、テールパイプのない(排気ガスの出ない)パワートレインを搭載する計画。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報