伊藤忠、九州北部で水素地産地消モデル構築へ 副生水素で水素エンジン船運行

  • 印刷
  • 共有
水素社会実現に向けた本プロジェクトの位置づけ(出所:伊藤忠商事)
水素社会実現に向けた本プロジェクトの位置づけ(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)と日本コークス工業(東京都江東区)は2月24日、ベルギーの海運最大手Compagnie Maritime Belge(CMB)と、九州北部地域で水素の需要と供給双方の創出を行い、早期の地産地消型のサプライチェーンの構築を目指す共同事業化調査を実施すると発表した。

このプロジェクトは、日本コークス工業の副生水素と、CMBの水素エンジンを柱とする。日本コークスが製造・供給していく水素を活用し、水素エンジン船の運行などを中心に、水素需要拡大に向けての諸調査・開発検討を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報