改正地球温暖化対策推進法が成立 「2050年カーボンニュートラル」を明記

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

地球温暖化対策推進法(温対法)の改正案が、5月26日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。2020年10月に宣言された「2050年カーボンニュートラル」を基本理念として法に明確に位置づけた。市町村が再エネを促進する区域を認定する仕組みや、企業の排出量情報のデジタル化・オープンデータ化を推進する仕組み等を盛り込んだ。

027486-2
クリックで拡大します
(出所:環境省)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報