> > 伊藤忠など、ドバイで世界最大級の廃棄物発電 発電容量200MW

伊藤忠など、ドバイで世界最大級の廃棄物発電 発電容量200MW

建設する廃棄物処理・焼却発電施設の完成予想図(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は3月29日、同社や日立造船イノバ社(大阪府大阪市)など6社が出資する事業会社が、ドバイ⾸⻑国における廃棄物処理発電事業に関する、総額約9億米ドル相当のプロジェクトファイナンスベース融資契約を締結したと発表した。

同事業はドバイ首長国初、世界最大級となる廃棄物処理発電施設に関し、同首長国における廃棄物行政の所管官庁であるドバイ都市行政庁から建設・運営・移転(BOT)方式のコンセッション契約として2020年12月に請け負ったもの。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.