田辺三菱製薬、2050年までにGHG排出量ゼロへ 30年45%削減

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

田辺三菱製薬(大阪府大阪市)は3月29日、「環境中期行動計画21-25」と「2030年、2050年温室効果ガス排出量削減目標」を策定したと発表した。温室効果ガスについては、排出量(グローバル、スコープ1+2)を、2030年度までに45%削減(2019年度比)、2050年度までに排出量をゼロにすることを目指す。

環境中期行動計画では、「省エネルギー/地球温暖化防止」「廃棄物の削減/資源循環」「環境汚染の防止」など6つのテーマで目標を設定。温室効果ガス排出量を2025年度までに25%削減(グローバル、スコープ1+2、2019年度比)すること、サプライチェーンの温室効果ガス排出量削減を推進すること、廃棄物発生量を2019年度比で2025年度までに30%削減(国内)することなどを掲げた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報