> > 沖縄電力、金武火力発電所で木質バイオマスの混焼開始 CO2計4万t削減

沖縄電力、金武火力発電所で木質バイオマスの混焼開始 CO2計4万t削減

クリックで拡大します
(出所:沖縄電力)

沖縄電力(沖縄県浦添市)は3月26日、石炭を燃料とする金武火力発電所(沖縄県金武町)で、木質バイオマス混焼の運用を開始したと発表した。木質バイオマスの混焼率は重量比で約3%。同社では2010年から具志川火力発電所(沖縄県うるま市)でも同様の取り組みを行っており、CO2削減量は、両発電所合計で年間約4万トンを見込んでいる。

燃料には、バイオマス再資源化センター(BRC)が製造する木質ペレットを使用。沖縄県内で有効利用されず焼却処分されていた建築廃材等から製造されており、県内における建築廃材のリサイクル推進に貢献するとともに、石炭の消費量を抑制することで県内のCO2排出量の削減にも寄与するという。木質バイオマス使用量は、金武火力発電所・具志川火力発電所の合計で年間約3万t。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 37 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.