> > 横浜ゴム・理研など、世界初・バイオマスから合成ゴム原料を生成

横浜ゴム・理研など、世界初・バイオマスから合成ゴム原料を生成

世界初の発酵生産により生成したブタジエンを用いて得たブタジエンゴム(出所:横浜ゴム)

横浜ゴム(東京都港区)は4月13日、バイオマス(生物資源)から効率的に、合成ゴムの主原料として使用される「ブタジエン」を生成できる世界初の新技術を開発したと発表した。同社、理化学研究所(理研/本部・埼玉県和光市)、日本ゼオン(東京都千代田区)と共同で設置する「バイオモノマー生産研究チーム」の共同研究による成果。

ブタジエンは、自動車タイヤなどの原料として使われる合成ゴムや、エンジニアリングプラスチックなどの主原料で、世界市場規模は年間1200万トンを超えるという。現在、ブタジエンはナフサ熱分解の副生成物として工業的に生産されているが、低炭素社会実現の観点から、バイオマス資源を原料とするバイオ生産が求められていた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 53 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.