> > 日野、新小型EVトラックを今夏発売 超低床・ウォークスルーで使い勝手追求

日野、新小型EVトラックを今夏発売 超低床・ウォークスルーで使い勝手追求

「日野デュトロ Z(ズィー) EV」の外観

日野自動車(東京都日野市)は4月15日、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラック「日野デュトロ Z(ズィー) EV」を開発したと発表した。2022年初夏に市場導入予定。物流現場における使い勝手とカーボンフリーを両立する、これからの「物流のラストワンマイル」に向けた「日野の新たな提案」だとしている。

従来の後輪駆動車と比べて床面地上高は半分となり、荷役作業性や乗降性が向上した。現行の日野デュトロより一回り小さいサイズ感で住宅街を走行しやすくしながら、必要な荷室容量も確保した。また、ウォークスルー構造で、宅配現場での使い勝手の良さも追求したという。航続距離は、宅配用途に必要な100km以上を目指した。リチウムイオンバッテリー容量は40kWh。普通免許で運転可能なためドライバー人材確保にも貢献できるとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 59 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.