日野、新小型EVトラックを今夏発売 超低床・ウォークスルーで使い勝手追求

  • 印刷
  • 共有
「日野デュトロ Z(ズィー) EV」の外観
「日野デュトロ Z(ズィー) EV」の外観

日野自動車(東京都日野市)は4月15日、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラック「日野デュトロ Z(ズィー) EV」を開発したと発表した。2022年初夏に市場導入予定。物流現場における使い勝手とカーボンフリーを両立する、これからの「物流のラストワンマイル」に向けた「日野の新たな提案」だとしている。

従来の後輪駆動車と比べて床面地上高は半分となり、荷役作業性や乗降性が向上した。現行の日野デュトロより一回り小さいサイズ感で住宅街を走行しやすくしながら、必要な荷室容量も確保した。また、ウォークスルー構造で、宅配現場での使い勝手の良さも追求したという。航続距離は、宅配用途に必要な100km以上を目指した。リチウムイオンバッテリー容量は40kWh。普通免許で運転可能なためドライバー人材確保にも貢献できるとしている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報