イーレックス、国内初・水素専焼発電所の商業運転PJに着手

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

イーレックス(東京都中央区)とHydrogen Technology(同)は4月22日、国内で初めて、水素専焼発電所を商業運転するプロジェクトに着手したと発表した。両社の間で、水素専焼による発電と、燃料電池自動車(FCV)への水素供給に関する共同事業開発検討に関する覚書を締結した。

Hydrogen Technologyは、常温・低圧の下、「水」と「岩石由来の触媒」との反応だけで、水から水素を取り出すという新技術の開発に成功している。両社のプロジェクトは、この新技術により製造する安全で安価な水素を用いて、発電事業、燃料電池自動車事業など幅広い水素利用について検証し、取り組むもの。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報