> > ローム、2050年CO2排出実質ゼロへ 製品の省エネ化・再エネ導入を推進

ローム、2050年CO2排出実質ゼロへ 製品の省エネ化・再エネ導入を推進

クリックで拡大します
(出所:ローム)

半導体メーカーのローム(京都府京都市)は4月26日、2050年におけるロームグループのあるべき姿を示した「環境ビジョン2050」を策定し、事業活動により発生するCO2排出について、2050年までに実質ゼロを目指すことなどを発表した。

「気候変動」、「資源循環」、「自然共生」の3つのテーマを柱に、カーボンゼロ(CO2排出量実質ゼロ)、資源循環の最大化によるゼロエミッションを目指すとともに、生物多様性の保護に向けて自然サイクルと調和した事業活動を推進して行く構えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 63 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.