川崎重工ら、大型船舶用「水素燃料エンジン」共同開発 25年市場投入目指す

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

川崎重工業(東京都港区)、ヤンマーパワーテクノロジー(大阪府大阪市)、ジャパンエンジンコーポレーション(兵庫県明石市)の3社は4月27日、外航・内航大型船向けに世界に先駆け舶用水素燃料エンジンを共同開発すると発表した。各社が2025年頃の市場投入を目指す。

3社は同日、純国産エンジンメーカーとしての技術を結集するコンソーシアムを結成し、舶用水素燃料エンジンを共同開発することに合意した。基礎燃焼解析や素材、シール技術開発、船級規則対応などの共通技術要素で連携を図る。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報