> > サッポロ、気候変動に対応した大麦・ホップ新品種開発へ 35年までに実用化

サッポロ、気候変動に対応した大麦・ホップ新品種開発へ 35年までに実用化

画像はイメージです

サッポロホールディングスは4月28日、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に基づく同社の対応策として、気候変動に適応する大麦・ホップ新品種の開発を進め、2035年までに国内、2050年までに開発をさらに拡大し国内外で実用化することを目指すと発表した。

2019年5月にTCFD提言への賛同を表明して以来、基幹事業であるビール事業で気候変動により影響が大きくなると想定される原料農産物について分析し、事業に与えるリスクや機会、それにともなう対応策をまとめてきた。分析では想定される条件下で、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 51 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.