川崎重工、液化水素の大量海上輸送へ 世界最大容積の「貨物格納設備」開発

  • 印刷
  • 共有
大型液化水素運搬船(貨物格納容積:40,000m3×4基 搭載イメージ)
大型液化水素運搬船(貨物格納容積:40,000m3×4基 搭載イメージ)

川崎重工業(東京都港区)は5月6日、大型液化水素運搬船に搭載する世界最大容積の貨物格納設備を開発し、設計基本承認(AiP:Approval in Principle)を一般財団法人日本海事協会(東京都千代田区)より取得したと発表した。

今回、AiPを取得した貨物格納設備(CCS:カーゴ・コンテインメント・システム)は、マイナス253℃に冷却することで体積を1/800にした極低温の液化水素を大量に海上輸送するためのもの。一基のタンク(設備)の直径は約43mで、容量は約40,000m3。舶用の液化水素貨物格納設備として世界最大の容積を有する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報