> > 商船三井・川崎重工など5社、液化水素供給インフラをシンガポールで開発

商船三井・川崎重工など5社、液化水素供給インフラをシンガポールで開発

画像はイメージです

商船三井(東京都港区)、川崎重工(同)、Keppel Data Centres社(シンガポール)、Linde Gas Singapore社(イギリス)、Vopak LNG Holding社(オランダ)の5社は、Keppelグループのデータセンターに供給する電力の燃料として水素をシンガポールに導入するために、液化水素供給インフラの検討とコンセプト開発を共同で行うことを目的とした覚書を締結した。

Keppel Data Centres社が共同検討のリーダーとなり、輸出国での液化水素の製造プラント、輸出ターミナル、海上輸送、輸入ターミナル、貯蔵ユニット・再ガス化施設など、シンガポールへの液化水素輸送に必要なインフラ開発実現に向けた技術、および商務面の評価・検討を、2021年末を目途に共同で行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 34 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.