> > ENEOS・花王など、藻類を活用した企業連携型プロジェクト始動

ENEOS・花王など、藻類を活用した企業連携型プロジェクト始動

記者発表会の様子
(出所:MATSURIウェブサイト)

バイオベンチャー企業群「ちとせグループ」は5月13日、ENEOS(東京都千代田区)、三井化学(東京都港区)、花王(東京都中央区)ら9業種20機関(5月13日時点)が連携し、藻類を活用した日本発の企業連携型プロジェクト『MATSURI』を、4月から始動したと発表した。

『MATSURI』では、2025年に世界最大となる2,000haの藻類培養設備を建設し、様々な製品の原料として300円/kg以下の生産コストで140,000トン/年(乾燥重量)の藻類を供給できる体制の確立を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 71 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.